今までの活動

2004年2月21日

ついに実現!京都の花街で、舞子さんとお茶屋遊び

写真念願の企画が、ついに実現しました!京都の花街・宮川町でお茶屋さん遊びが開催されます。もちろん、舞子さん。芸妓さんを加えた本格的なお座敷遊びです。

京都のお茶屋さんは紹介者なしでは遊ぶことができません。かたくなに「一見(いちげん)さんはお断り」を守っているのは、馴染みの客ならば財布を忘れても、一晩安心して遊べるという仕組みを大事にしているため。お客さんとの信頼関係がなければ、成り立たない商売なのです。

今 回は、Royma21の特別ルートで、本格的なお茶屋遊びが実現しました。ナビゲートしてくれるのは、元・芸子の小糸さん。めったにない貴重な機会です。 お茶屋遊びと冬の京都を十分にご堪能ください。今回も、シニア世代に福利厚生サービスを提供している「ふろむな倶楽部」との共同企画です。

*最後にある「京都花街・豆知識」もご覧ください。

京の雅を愉しむ 花街のお茶屋でお座敷遊び

写真日 時:2004年2月21日(土) 18:00〜22:00(予定)

会 場:京都宮川町 お茶屋「花傳(かでん)」

プログラム:
 18:00〜20:00 お食事  京懐石料理、飲み放題
 20:00〜 お座敷遊び  芸妓、舞子の舞いや音曲とお遊びで優雅に

参加費:
 会員 32,000円/おひとり (飲食すべて込み)
 非会員は、2,000円増(同時入会で会員価格で参加可)

募集人員:限定15名(最少催行人数12名)
 お1人での参加も可能です。定員になり次第、締切ります。

服 装:
 
芸者さんと遊びますので、カジュアルな動きやすい服装で結構です。
 Tシャツはお避けください。

申込み方法:
 jimukyoku@ryoma21.jp まで、下記の事項をご記入の上、申し込んでください。
 タイトル欄:京のお茶屋遊び申し込み
 お名前、会員の種類(きら星かクチコミか)、同伴者がいる場合は、人数。

 *非会員の方は、上記のほかに、郵便番号、ご住所、電話番号、メールアドレスを
  ご記入ください。同時入会で会員価格で参加できます。
 *申し込まれた方には、10日前までに、参加費のお振込みお願いと詳細を
  お送りします。

宿 泊:
 当日、京都泊を希望する方がまとまれば、Ryoma21会員全員で宿泊できるような旅館(話題の吉水など)の手配も考えています。ご希望の方は、その旨もご記入ください。

●ふろむな倶楽部のパンフレットには、こんなふうに掲載されています!

写真


≪京都花街・豆知識≫

★京都の花街
 京都には祇園(甲部)、先斗町、宮川町、上七町、祇園東(乙部)の5つの花街があり、それぞれに特色があります。

★宮川町
 鴨川の東岸に位置し、元禄時代、出雲の阿国の歌舞伎踊りをきっかけに芝居小屋が立ち並び、
  廓へと発展。京都5花街の中では2番目の規模です。

写真★お茶屋
 お客のリクエストに応じて、場所、お酒、料理、接待する人を準備するところ。場所とお酒はお茶屋が用意しますが、料理と接待する人は外部へ委託します。その委託先が「仕出屋」と「屋形」です。

★仕出屋
 料理を作り、タイミングを見計らって一品一品お茶屋に届けます。

★屋形
 屋形は置屋とも呼ばれ、芸妓、舞妓を抱えるタレント事務所のようなものです。

★芸者
 正式名称は「芸妓」。舞いをする芸妓は「立ち方」とも言われています。

★舞妓
 芸妓として一人前になる前の修行期間が舞妓。ほとんどの舞妓は中学を卒業してからすぐに花街に入る。
  世界的なVIPでも物怖じしない気構えは、伝統に培われた賜です。

今までの活動一覧へ戻る