メディアに登場

2004年

「ふろむな倶楽部」会報誌春号に、Parti M さんが登場!

写真 Ryoma21と協力関係にある「ふろむな倶楽部」の会報誌2004年春号に、会員のParti M さんが紹介されました。
*「ふろむな倶楽部」は、シニア個人向けに福利厚生サービスを提供しています。会員は3万人。運営母体は、リロクラブです。

掲載ページは、表紙を開いた目次の隣にある「あらいぶ」。このページのコンセプトは、「いま、各界でいきいきと素適に輝いている方のお話をお届けします。今から 〜From Now〜 の充実した人生を送るためのヒントが...」というもの。

Ryoma21にいつもユニークなイラストエッセイを投稿してくださる Parti M さんは、このページにふさわしい方ですね。では、そのページをご覧下さい。

◆ARTを通して語る人生  〜小さな出会いが自分を変えていく〜

人生を決定してしまう「きっかけ」は誰にでもあると思います。私の場合、現代美術の世界に進むきっかけは高校時代のある日、美術の授業で先生から「君、ええセンスしているから一度、部室(アトリエ)に来ないか?」との誘われたことでした。初めて聞いた誉め言葉に調子づいた私は、すぐにバレーボール部から美術部にくら替えしました。そして、そういえば小学生の時から絵を描くことが唯一の得意技だった事を思い出したのです。

写真それからは、教室よりアトリエにいる時間が長くなる始末。親の猛烈な反対を受けましたが、絵を描きたい一心、また、自分にはこれしかないという気持ちが募り、とうとう美大への進学を果たしたのです。初めて「自分の好きなことをやろう」という自分自身の内なる呼びかけを聞き取ったときでした。

しかし、美大生としては劣等生そのものでした。古臭い授業をバカにし、尊敬できる教授にも出会えない毎日。そんなとき、また、ある出会いが私を変えます。不満を救ったのは銀座の数少ない前衛画廊でした。アメリカポップアートの作家や武満徹などの音楽家、詩人の滝口修造などが豪華なサロンを創っていたのです。

前の前に広がる新しい息吹と60年代の興奮。そこで教えられたのは、日の移ろいや何でもない営みに美しさを発見することこそがARTであるという考え方でした。この時期に体験したことが、今の私を創っていると言っても間違いありません。

日本では残念ながら現代美術への関心やとらえ方は発展途上です。ニューヨークのギャラリーに行って羨ましいと思うのは、家族揃って動物園に来るような乗りで鑑賞している姿です。難しく構えず楽しんでいます。ついこの間まで、日本人も四季を慈しんだり、日常の中に巧みに取り入れ愉しむ術を知っていたはずなのに、経済優先主義で突き進んだことが、生活の愉しみ方を会得する暇も余裕も奪ってしまったのでしょうか。シニア世代がこれからの人生を考える時、自分の人生をどう豊かにデザインするか、それを考えることはとても大切なことだと思います。

最近、犬を飼い始めたことがきっかけで、NPOおとなの暮らしと仕事研究所が運営するRyoma21というシニア向けコミュニティに参加しました。Parti Mというペンネームでエッセイとイラストの投稿を始めています。

ここでも思いがけない出会いが生まれました。たまたまその会合で、出版社の人と知り合ったのが縁で絵本を描くという機会に恵まれ、高齢者のための絵本『あるばむ』を昨年7月に出版しましたのです。高齢者とそれを支える人たちが、昭和という時代を語り合えるきっかけにしてほしいという絵本です。現代美術なんかわからないと思い込んでいる人たちとの架け橋になればというささやかな狙いも隠されています。

6月21日〜26日には、東京・銀座の村松画廊で、この絵本を基にヒートアップした個展を開催します。多くの方々に見ていただきたいと思っています。

●南川 博(みなみかわ ひろし) 略歴

1944年 大阪生まれ
1966年 武蔵野美術大学卒業
1966年 虫プロダクション入社。 いきなり手塚番(手塚治虫のチェックを受ける
       超過酷な仕事)をさせられる。
1968年 24歳の誕生日に放映「リボンの騎士」演出デビュー。
1969年 渡米。ニューヨーク滞在。寒いから暖かいメトロポリタン美術館に通う。
       古代文明に惹かれて現代美術と縁が薄くなる。
1970年 帰国。TVアニメ演出のバイトなどをする。
1971年 六本木の企画制作会社に勤める。TV番組やCFのディレクターからプロデュサーになる。
1974年 結婚
1982年 溜まっていたマグマが噴出。銀座シロタ画廊で初個展。(以来グループ展含
       めて毎年継続中)
2000年 会社辞めた翌々日、ニューヨークに遊びに行く。
2003年  3月からRyoma21にエッセイ連載始まる。
       7月に絵本「あるばむ」を出版。
2004年 6月個展(村松画廊)

メディアに登場一覧へ戻る